北海道で事業を営む社長が出版するメリット【午後から出版MTGしてきます】

こんにちは、深作浩一郎です。

今日の午後の仕事は、出版mtgです。

先週も伺った都心某ビルの49Fにて取材を兼ねたmtgです。

先週の出版mtgの様子。

動画撮影もしているのですが手前味噌ながら、面白いビジネスの話をしています。
編集完了次第共有していきます。
というか動画だけ編集するスペシャリストがほしくなってきました、求人しようかしらん。

結論、いまの時代の、特に地方にて自社のサービスに自信がある場合「出版」を「広告」ととらえてやってみると売上も知名度も影響力もトータルで大きくなることが多いので提案させていただきます。

事実私も出版前と出版後ではポジティブに事が転がることも多くありましたし、少なくともネガティブな点はありません。
当時記載した年収よりもはるかに多くの収入や、生活水準が更に向上している(はずな)ので、当時書いた原稿を差し替えたいくらいなものでしょうか。

出版て誰にでもできるの?


出版をする、ということハードルに感じる方も多いかもしれません。
が、そもそも出版はタイミングさえあえば、比較的実力者であれば誰でもできること。

それこそ今日時点でオホツクネットに登録している企業様であれば、どなたでも出版するに値する実績や取り組みをされているのでは?と思います。

直接お会いしたことあるのは以下の社長様ですが、いずれの取り組みも事業についての思いも熱量を感じますので、出版には向いているのは?と1著者からは感じるものです。

川瀬伸一【合同会社川瀬牧場】

亀井寿【有限会社フォトオフィス彩人】

荻原敏【行政書士荻原事務所】

中野克巳【株式会社未来ファーム】

菅野富二【 株式会社菅野養蜂場】

篠根克典【オホーツク・オーチャード株式会社】

出版したらいくら儲かるの?


※前作のゼロイチ起業はこんなプロモーションでした。

「でもさ、浩一郎さん、出版をすると結論いくら儲かるの?」という疑問は誰もが気になることかと思います。

答えは人それぞれと、やっている業種によっても異なりますが、、、
個人的には1年以内に広告出稿費含む全投資金額の3倍前後は利益で稼げるのではないかと思います。

どれだけセールスが失敗しても赤字になることはなく、1.5倍くらいの跳ね返りになるのでは?とも思います。

最悪オブ最悪を想定して、広告投資金額がプラマイゼロになったとしても
あなたが出版をして手にいれることができるのは

・著者ステータス
・購入者リスト(書籍内特典でのリスト取り)
・印税(これは微々たるもの)
・販売部数の実績

上記が手に入りますので、結果としてはプラスになるのでは?と思います。

そして何よりこれが都心よりも地方都市のほうが圧倒的に著者の数が少なくなります。
周りがやっていないことをやっている、ということは、すなわり「差別化」や「特別感」や「ブランディング戦略」ということになり、北海道内はもちろん、北海道外にてあなたの本を手にした方々が、あなたの商品サービス事業展開を知る機会になり、後々の利益に繋がり、それが一過性のものではなく地道にコツコツと、良い本を作れば作るだけジワジワと波紋のように広がっていくのが出版の面白いポイントです。

私が出版したときの課題


※前作のゼロイチ起業の書店例
いまの時代も「出版をしている」という事実だけで、ほんとうはたいしたことないのに凄そうに見られる風潮は根強く残っています。

まぁ、もしかすると私もキャラクターの性質上、そういう風に見られてる、のかもしれませんw
ただまぁ、意見が様々あるのはどんな有名人でも同じこと。

ちなみに今日時点での私で、一冊目の売上は全著者の上位15%程度とのこと。
うーん、全著者の上位15%。

悪くはないけど、他人に自慢できるほどではないかなぁって感じですよね。
私の場合、やるなら狭い範囲でもいいからトップオブトップを取らないと気がすまないですし。

多分、私の告知課題はハッキリしていてSNSの影響力。
フェイスブックもツイッターもインスタも、アカウントだけ作ってやってなwというかすぐ飽きちゃうのでこのあたりをケアする人材は弊社にとって今すぐにも採用したい人材像になります。

SNSの運用代行に特化した秘書、みたいな感じですかね。
いっそのこと給料出して専属秘書を新規募集しようかしら。

北海道の企業様、あなたも出版しませんか?※風俗業やってる人はご遠慮ください、無理です


※前作のゼロイチ起業の書店例

ということでこれからの時代の出版は単純に本を出したい、著者になりたい、というニーズももちろんですが

「有名になって自社サービスをもっと知ってもらいたい」
「書籍を手にとった方と深いつながりを作り長期的なファンにしたい」
「やってきた集大成として書籍を出したい」

というような

また出版をしたい方、お声がけいただければ繋げること可能です。

広告宣伝費にお金がかかるので無料で、というのはよっぽどの実力者でないといけません。
しかし何事も手順を正しく踏めば取り組んでいけるもの。

執筆からデザイン、書籍企画案など制作から販売からトータルのプロモーションなどもすべておまかせで出版社と連携して取り組んでいく手法が個人的にはおすすめです。

興味がある方は、私へ個別連絡をとっていただくか、本記事のコメントにて残していただければ嬉しく思います。

深作浩一郎

▼追伸.無料プレゼントを用意してます。受け取ってくれませんか?


最後まで私のビジネス系記事を読んでくださったあなたと私はもしかすると思考回路や価値観、働き方の目指す先が近しいかもしれません。
そんな相性がいいかもしれないあなたに、私から特別な無料プレゼントを用意しています。

私の無料メルマガに登録していただくことで、オンラインを「これでもか!」と操って
収入と利益を増やすけど、働く時間も減っていく。

そんな新しい時代にも生き残り続けるスキルと具体的な対応策を無料プレゼントしています。

スパムメールの類は一切お届けしていません。
一応、私は日本一のメールセールスの実績や、社長をランダムに1000人集めたときに経営が一番上手な実績と数字を叩き出しているので、私の喋る話は、ビジネスに興味があるあなたには面白い話が多めだと思います。

もし面白いと思っていただけなければ、いつでも解除できますw
なので安心して以下のバナーか、ブログか、リンクから飛んで私の無料メルマガに登録いただき、登録後即受け取れる最新ノウハウ系プレゼントをお受け取りいただければと思います。


深作浩一郎の「好きを仕事にする方法」を背中で見せ続けるブログ #好きを仕事にする方法 を叶えるヒント共有型ブログ

無料メルマガはこちらからか以下画像からどうぞ!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  2. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  3. 1円もお金をかけず、自分の実働時間0分で、毎月120万PVを稼ぐWEBサイトを作ったノウハウその1

  1. 北海道民を対象としたオンラインビジネスコミュニティ、新規メンバー続々増えてます

  2. オホーツク地方で起業独立して稼ぎたい20代、俺のところ来ませんか?

  3. 【仕事してる場合じゃねえ】本日アジトのベランダ改造して遊びます

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP