春の山菜コシアブラVo2!

皆さん、こんにちは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日の北見市は雲も多く、時折冷たい風が吹く天気になっています。最高気温は16度の

予想で、平年より若干低めで推移しそうです。明日以降は20度を超えて暖かい日差しが

戻りそうですが、土曜と日曜は雨が降り再び寒くなりそうなので、体調には気を付けて

お過ごし下さいね。さて、今回は春の山菜コシアブラの話題をお届けしています。

先日、北見市から約2時間移動して採取して来ましたが、本日はその名前の由来と幹の

特徴についてお伝えしますね。コシアブラは沖縄を除く日本全国に分布するウコギ科

落葉高木です。自生は山地の林内に多いと言われています。名前の由来は古代に樹脂を

濾過して油を採取した事に因んでいます。この樹脂は平安時代にウルシが普及するまで

錆び止めの塗料(ゴンゼツ)の原料として珍重されました。その為、別名をゴンゼツや

ゴンゼツの木とも言われます。秋には葉の色が黄色や白銀色に変化し、周囲の黄葉との

コントラストが美しい為、観賞用として庭に植える事もあるそうです。

樹高は最大で20m近くになりますが、山道付近の物は山菜として芽摘みされ5m程度に

留まる事が多い様です。樹皮は灰白色で、皮目と呼ばれる細かな点々があります。

樹齢を重ねると樹皮が剥離して黒光りします。材は箸や爪楊枝、マッチの軸に使われて

皆さんの身近にも存在しています。では、そんなコシアブラの幹をご覧頂きます!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. FM網走イベント報告No4!

  2. ブログ記事を書くのがどうしても面倒!って社長へ

  3. 私のオンラインサロンメンバーがまたまたまた増えました

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP