こんにちは、深作浩一郎です。

今日は「お金=money」を日頃からどう呼んでいるか、という考え方の話。
いつものノウハウや、私が主宰するオンラインサロン「北海道オンラインアジト」で公開しているようなweb集客や利益創出ノウハウのように、学んですぐに儲けがでたりオンライン経由の集客が増えたり、利益アップする話ではなく、中長期的に生きるそもそものビジネスへの考え方についてです。

私は20代前半に誰かの意見の影響をうけ、money=金銭をさす「金」のことは「金(カネ)」とか「カネ」とか、そのような呼び方をせずに、必ず「お金」と、”お”をつけて呼んでいます。

これは一種のマインドセットなのですが、もっとお金を儲けたい、と思っているのに、そのお金に対して乱暴な言い方をするのはどうなの?という考え方だったと記憶しています。

私がまだ月10万円とかをやっと一人で稼げるようになったレベルくらいの時だったと記憶していますが、誰かが本かセミナーで言っていて、素直に「あ、いい考え方だな」と思えたからその時から今日に至るまで、そしておそらくこれから未来も同じ考え方で生きていくと思います。

いいモノはいい、と素直に受け止め、勉強し学ぶ姿勢を手にしつづけたいもの。
年齢や実績の増加とともに素直さをなくすのは私自身も体感しはじめているので、
このように戒めコメントをアウトプットできる環境があるのはとてもありがたいことですな。

私はお金持ちになる、ということはお金に愛されること、だと思っています。
どうやって愛されるかといえば社会への価値貢献度が「数字」となって私たちのもとにお金としてはいってくる、という考え方です。

この考え方は2011年〜12年頃の極貧苦労時代から持っていましたので、なんとなく「金(カネ)」とかって言いかたは友達との冗談めいた会話でもつかわないようにしよう、と思って今に至り1円を大事にしない人は1円に泣く、みたいな教訓と同じベクトルかもしれませんね。

ということで、この考え方をしたからといって、明日から●万円の収入が増える、というノウハウ話ではないですが、やっぱりこういう考え方があるからこそ、成功(自分の理想)に近づくのかなとは思うものです。

ですがこういう話こそ、大事なのではないかと思いますね。
それでは。

北海道オンラインアジトへの参加はこちらから

深作浩一郎

▼追伸、
最近の活動履歴は以下にて!
めっちゃアクティブな、北海道随一のオンラインサロン&コワーキングスペース完備の最強に楽しいコミュニティにしていきましょう。

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  2. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  3. 1円もお金をかけず、自分の実働時間0分で、毎月120万PVを稼ぐWEBサイトを作ったノウハウその1

  1. 低感染リスク型ビジネス枠は3/4という高い補助率

  2. ブログ記事を書くのがどうしても面倒!って社長へ

  3. 北見駅周辺オススメ焼肉店「まる笑」へ行ってきました。【北見焼肉】【おすすめ焼肉】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP