こう使うとすぐ儲かるかも、という3つの具体的オホツクネット活用事例

こんにちは、深作浩一郎です。
今日はオホツクネットを利用して事業を加速させるための「地方都市ならでは」のオンライン攻略理論をお伝えできればと思います。

結論を言うとオホツクネットは無料で企業様は自由投稿でき情報発信できるメディア媒体なので使いまくりませんか?という話になります。
そのなかでも、より具体的に「どのように活用するとプラスになるのか」という具体的事例を3つ、ご紹介できればと思います。

いずれもすべて運営者の私の過去の成功体験およびやってきたことですので、オンラインを正しく活用して、利益を増やして、仕事時間を減らし、世の中に価値貢献をレバレッジをかけながら広げていく現代的経営要素を取り入れたい場合には、参考にしてみてください。

オホツクネットの活用例1:ふるさと納税の紹介

自社商品をふるさと納税として、出品をしている事業主様も少なくないかと思います。
もし、あなたの市区町村の返礼品および納税金額を増やしたい場合には、オホツクネットに自社商品の出品記事を投稿して(もしくは「弊社で代理投稿して)より多くの方々に手にとってもらいませんか?

オホツクネットはオホーツク管内および北海道のユーザーがメイン属性として想定しています。
なにより私自身、過去これまでにけっこうな金額をふるさと納税サイトにて納税していましたが、、、
やっぱり同じクオリティの商品(とくに食材関係)があれば北海道の市区町村を選び納税することが多いです。

その実例と報告はこちら。

このように、どうせだったら北海道の地域に、というえこひいき精神が動くものなので、ぜひ、ふるさと納税をはじめ取り組んでいる企業様には登録をしていただき、情報発信および新規集客媒体の一つとしてオホツクネットを利用していただければと思うのです。

オホツクネットの活用例2:通販および自社サービスの紹介


例えば私の場合。
2021年6月ころに新しい書籍が出版されるですが、このオホツクネットにて「出版しました」という記事を書くことで、出版をニュースとして世の中に届けることが可能です。

私の場合、販売チャネルは、

・自社コーポレートサイト
・個人ブログ
・個人メルマガ
・プレスリリース
・各種SNS
・10をも超えるオンラインサロンおよびコミュニティ

などの宣伝媒体を確保しています、がそこに新しく

・北海道をターゲットとしたオホツクネット

が加わり、既存のチャネルでは獲得できなかった見込み客層にアプローチすることが可能になる、ということです。

新サービスの発表をする場所、媒体というのは数が多ければ多いだけ得をします。
損をすることはありません。

しかも無料でつかえる最先端ニュースメディア、となるとそれだけで価値があるものです。

あなたの商品サービスを世の中に出す際の、新たな宣伝媒体としてオホツクネットを利用してみてください。

オホツクネットの活用例3:求人媒体としての利用


あなたの事業を加速するにふさわしい効果的な求人活動はできていますか?
もし、理想的な求人採用をしていきたい場合には、オホツクネットは無料であなたの求人採用を支援できるかもしれません。

効果があるかわからない、ましてやいつも同じ求人属性しか集まらないという悩みを全国地方都市の求人媒体利用企業は常に悩みを抱えるもの。

趣味や価値観が多様化する新しい時代だからこそ、今まで以上に求職者側と採用側の条件マッチングは難しくなっているとも言われています。
その一方で求人媒体には多額のお金を出さないと出稿できないし、そこにかける費用が経費を圧迫する。
そんな悩みを抱える企業様も少なくありません。

そんなときこそオホツクネットにブログ投稿、SNS投稿をする感覚で求人募集をしてみてください。
お手本、、、になるかはわかりませんが、以下のような記事で問い合わせはくるものです。
なんなら書式を真似していただいても構いませんし、もし効果がでない場合には、私に相談することも可能です。

まとめ:マニュアル完備で完全無料。事実上何を発信してもいい最先端メディアはオホツクネットだけ


オホツクネットは、私が主宰する北海道オンラインアジト発の企画であり、オホーツク地域で事業を営んでいる方々を応援するために立ち上げられたWEBメディアです。

いかんせん北海道で初めての取り組みになるので(全国的にも多分初の試みですがw)試し試しで取り組んでいます、が少しずつですが認知度と成果実証がうまれつつあります。
今後もより良い使いやすさと、事業の応援をするために運営していき、いずれは北海道各地域にも同コンセプトのWEBメディアを立ち上げていき、北海道全体の景気応援につながることを目標としています。

広告宣伝の場所としても、求人媒体の場所としても、情報発信の練習をしているだけなのに、事業の紹介や、ふとした文章がきっかけで「著者デビューしませんか?」という出版オファーが舞い込む可能性もある世の中です。

(ありがたいことに「私=深作浩一郎」が運営している、ということで今後の動向を注目している業界もあると聞きます。)

あなたの可能性を広げるきっかけとして是非オホツクネットを利用してみてください。

オホツクネットへの無料企業登録は以下からどうぞ。

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  2. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  3. 1円もお金をかけず、自分の実働時間0分で、毎月120万PVを稼ぐWEBサイトを作ったノウハウその1

  1. FM網走出演のブース裏側を動画にしてみました【亀井寿さんパーソナリティ番組】

  2. スーツ着たくないネクタイしたくないけどパソコン仕事したい若者へ

  3. オホツクネットのFacebookページを開設しました。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP