森の祠で微笑む守り神・エゾフクロウを撮影Vol3!

皆さん、こんにちは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日も北見市は青空が広がる良い天気になっています。最高気温は20度、最低は8度と

暖かい一日で推移しそうです。しかし、明日以降は不安定な天気が続き、気温も下がる

予想となっているので、体調には気を付けてお過ごし下さいね。さて、今回は森の賢者

フクロウの話題をお届けしていますが、本日も生態の解説と共に写真をアップします。

冬の期間に夫婦となったエゾフクロウは、冬の終わり頃に2〜6個の卵を産み、メスが

約30日間抱卵します。雛が孵ってから巣立ちまでは約30日で子育ては夫婦で行います。

メスは主に雛の身の回りの世話をし、オスは主に狩りを行いますが、時にメスも狩りを

行います。また、これ以前にフクロウは造巣するの?と疑問を持つ方もいる様なので、

産卵までのプロセスを解説します。フクロウは樹洞などに営巣しますが、それまでには

①ペアリング(求愛)②営巣地の確保  ③樹洞の清掃 ④産座の作成 ⑤産卵 と順番に

進みますが、まるで我々人間に似ていますね。こうした順番で産卵するフクロウですが

一度ペアリングしたフクロウは、寿命まで相手を変えずに一生を共に過ごします。我々

人間と同じ一夫一婦制なんですね。今回撮影した巣穴で産卵が上手く行き、雛も無事に

誕生すれば、翌年も同じ巣穴に戻って来る事が期待されます。皆さんも、森や山に入り

フクロウを探してみませんか。出会った時の感動は格別ですよ。

では、本日の写真をご覧下さい!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 不安を解消

  2. 今日も気温は高めで推移しそう!

  3. 北海道で日々全力を出す社長向けの「出版支援事業」がリリース後1週間で大好評です。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP