2022年F1日本GPが3年ぶりに開催!

皆さん、こんばんは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日の北見市は雨の一日となった様で、最高気温も15度までしか上がらず、寒い日と

なった様です。道内の各峠道では雪となっているそうで、遠出の予定がある皆さんは

タイヤ交換をしてからお出かけ下さいね。さて、今回は先週の金曜日から3年ぶりに

開催されたF1日本GPの詳細をお届けして行きます。3年ぶりのF1エキゾーストが

鈴鹿サーキットに鳴り響いた、シーズン18戦目の日本GPですが、金曜日の12時から

1回目のフリー走行が行われました。イベント初日の鈴鹿は、朝から雨に見舞われて

コースの至る所に水が溜まっていた状況でした。コンディションは気温15.8度、路面

温度は20.3度のウエット状態でスタート。母国凱旋したアルファタウリ、角田裕毅は

「第1セクターの後に2、3本川がある」と報告し一旦ピットに戻った後、ライバル

ルクレールと並んで全車最多となる16周を走行。16番手をマークした僚友、ピエール

ガスリーから1.3秒ダウンの19番手でセッションを終了しています。鈴鹿での戴冠の

可能性があるレッドブルのフェルスタッペンは、ガレージの中で大半の時間を過ごし

コースに出たのは30分過ぎでした。インターミディエイト(雨用タイヤ)を履いて

挨拶代わりに、いきなりのトップタイムを刻むと、4周のラップを経て、そのまま

車を降り最終6番手でセッションを終えていました。チームメイトのペレスも4周を

走ったものの、その後に車を降りて10番手でヘルメットを脱いでいます。

これが7日に行われたフリー走行1回目の様子です。全チームと全ドライバー達は

2回目のフリー走行に向け、相手の出方を探った1時間となりました。

次回は2回目のフリー走行の様子をお届けしますのでお楽しみに!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. エネルギーチャージ

  2. 2022年冬 小公園イルミネーション特集 最終回!

  3. 2022年 初日の出 第6弾!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP