流氷の再接岸が待ち遠しい!

今日は朝から青空で暖かい日差しが降り注ぐ北見地方、最高気温は0度丁度、最低気温は

マイナス12度と春に近い気温ですね。車で移動される皆さん、歩行者への泥跳ねには注意

しましょうね。さて、今回は流氷の撮影に行きましたが、南風が吹いて遥か沖まで離れた

流氷が、能取岬から帯の様に見えた一日でした。再接岸するのは何時になるのか?非常に

待ち遠しいですね。これも自然の力なので、待つしか無いのですが、我々には一日が長く

感じる季節です。そこで、今回は能取岬で灯台を入れて、沖に見える流氷をバックに撮影

してみました。本来なら、手前に青く見えるオホーツク海が、流氷で埋め尽くされている

時期なのですが、今年はなかなか接岸しない状況となっていますね。網走のオーロラ号も

流氷帯の中での運行が難しく苦労されている様です。再度オホーツク海が白一色となって

観光客の皆さんにも喜んで頂ける日が近いと良いのですが。では、前回に引き続き灯台

入れての流氷をご覧ください!

f:id:photo0321:20220207125218j:plain

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 3/1(火)LINE社からの通達:【再掲】【重要】お客様情報の追加入力のお願い

  2. 楽読は楽しく楽に速く読む♪新しい速読術です。

  3. 札幌(札幌駅)から知床(斜里町ウトロ)へのアクセス方法とかかるお金、時間【知床への行き方】【北海道観光】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP