斜里町 北のアルプ美術館 30周年イベント!

今日は朝から暑い一日となった北見地方、午後からは大雨警報も出ていましたが、被害が

出るほどの大雨にならず一安心です。最高気温は28度まで上がる予想となっていました。

最近は不安定な天気が続いていますが、今日を境にオホーツクは涼しくなり始め、夏も

終わり、最高気温も最低気温も共に下がり始め、雲も空も秋の気配になって行きますね。

そんな中、私の叔父が館長を務めていた「北のアルプ美術館」は、今年で30周年を迎え

11日に小さいながらもイベントを開催致しました。当初は30人程度が集まればと言って

いたのですが、フタを開けると倍以上の方がお見えになり、大変賑やかなイベントとなり

他界から2年が経過した叔父も天国で喜んでいる事でしょう。そこで今回は、その様子を

ご覧頂きたいと思います。まずは、今回のメインである展示物を、お見せ出来る範囲で

アップします。最初に、この美術館の名前の由来にもなった、山の文芸誌「アルプ」を

1号〜300号まで揃え飾ってある部屋、そして、叔父が残して行った流氷の作品をご覧

下さい!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 2023年9月北見じまん村・リニューアルオープン最終回!

  2. オホツクネット2021年3月人気記事ランキングTOP10

  3. 北海道オンラインアジトのおすすめ本TOP5

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP