金持ち喧嘩せず。現代では「ライバルと競合せず」だと思う

こんにちは、深作浩一郎です。

あなたは競合とかライバルって気にしてますか?

もし、「あそこの店がライバルだな」とか「あそこの社長がライバルで気に食わない」とか思ってる場合、もしかするとこれからの時代は「共存したほうが双方ベストな利益を叩き出せるかもよ」という社会現実を共有できればと思います。

ひらたくいうと、競合だろうがライバルだろうが、真の強みは違う部分にあるし、なんなら顧客リスト&見込み客リストを交換しあえば、双方ともに潜在顧客を発掘できて新たな顧客を作れるよね、っていうジョイント・ベンチャー理論にもつながるのですが、そのような話をマーケティング的な観点を含めてアジト公式サイトに意見を述べてみました。


競合ライバルはどこの誰ですか?という質問

僕は北海道という人口500万人の島にはライバル皆無と思ってる

残酷な現実、僕は「深作浩一郎」および「株式会社エグゼクティブマーケティングジャパン」のコアコンピタンスとなる事象や取り組み内容、事業内容と社会貢献価値などは、北海道という人口500万人の島にはライバル皆無と思ってる、というかもうすでに証明されているのであとは僕は僕の会社でやりたい放題突き進んでいくだけ。

そもそも、このオホツクネットも北海道のビジネスを盛り上げるオンラインサロンも私は「先にやっている前任者がいれば」その方とコンタクトをとって、その事業をお手伝いしようと思って北海道に拠点を移したくらい、北海道の事業に関しては儲けよりも「やりたいこと」でした。

そんなことをやってる存在はいなくて、たまたま私が最初に行動をした起業家であった、という感じですし、これから仮にライバルが出てこようとも私はそのライバルを支援してあげる立場として付き合うのがベストと考えています。

金持ち喧嘩せず。
共存するべきっしょ、と思います。

何が言いたいかといえば、競合とか、ライバルとか気にしてる人ほど、ビジネスがあまりいってない印象を受けます。
その一方で、弊社含め人気者になる企業というのは「ライバルはいないけど仮にいたとしても共存すればいいんじゃね?そっちのほうが仲良く利益を生み出せて、結果、良いものできんじゃねーの?」って考えてる方々が多い印象です。

ということで私の意見を是非どうぞ。


競合ライバルはどこの誰ですか?という質問

深作浩一郎

▼追伸.無料プレゼントを用意してます。受け取ってくれませんか?


最後まで私のビジネス系記事を読んでくださったあなたと私はもしかすると思考回路や価値観、働き方の目指す先が近しいかもしれません。
そんな相性がいいかもしれないあなたに、私から特別な無料プレゼントを用意しています。

私の無料メルマガに登録していただくことで、オンラインを「これでもか!」と操って
収入と利益を増やすけど、働く時間も減っていく。

そんな新しい時代にも生き残り続けるスキルと具体的な対応策を無料プレゼントしています。

スパムメールの類は一切お届けしていません。
一応、私は日本一のメールセールスの実績や、社長をランダムに1000人集めたときに経営が一番上手な実績と数字を叩き出しているので、私の喋る話は、ビジネスに興味があるあなたには面白い話が多めだと思います。

もし面白いと思っていただけなければ、いつでも解除できますw
なので安心して以下のバナーか、ブログか、リンクから飛んで私の無料メルマガに登録いただき、登録後即受け取れる最新ノウハウ系プレゼントをお受け取りいただければと思います。


深作浩一郎の「好きを仕事にする方法」を背中で見せ続けるブログ #好きを仕事にする方法 を叶えるヒント共有型ブログ

無料メルマガはこちらからか以下画像からどうぞ!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  2. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  3. 1円もお金をかけず、自分の実働時間0分で、毎月120万PVを稼ぐWEBサイトを作ったノウハウその1

  1. 網走でもできる在宅ワークのアルバイトを紹介【大学生でもできる】

  2. 毎月120万くらい勝手にアクセスが集まり続けるブログ記事の正しい書き方とお手本例

  3. 今日は朝から綺麗な青空が広がっている一日!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP