2022年F1日本GPが3年ぶりに開催Vo2!

皆さん、こんにちは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日の北見市は青空も見え良い天気になった様ですが、風が強い一日だった様です。

暫くは良い天気が続きそうですが、日々気温は落ちて行く様なので、風邪には気を

つけてお過ごし下さい。さて、今回は先週3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催された

F1日本GPの様子をお届けしています。前回は、フリー走行1回目の内容をお伝え

して来ましたが、本日はフリー走行2回目の内容をお伝えして行きます。

フリー走行2回目では、3番手にレッドブルのフェルスタッペン、4番手に僚友の

ペレスが並び、まずまずの結果となりました。また、2人とも決勝レースが同様の

コンディションになる事を見越して、終盤は精力的にロングランに取り組んでいて

虎視眈々と言った感じでした。尚、フリー走行2回目は1回目より路面状況が悪く

アクアプレーニング現象を引き越しかねない川が幾つか確認される中、各車は雨用

タイヤのフルウエット仕様を選択し周回を重ねていました。セッション中盤以降は

雨も小康状態となりか前が期待されたものの、路面が乾く事はなく雨用タイヤから

オーバーヒートを起こすとの声が、各ドライバーから上がっていました。そんな中

アルファタウリの角田は、全車最多となる27ラップを走り込み、14番手のタイムを

マークしていました。対して僚友ガスリーは13ラップを走り、19番手と下位に沈み

「酷いもんだ」とコース状態を口にしてピットへ戻っていました。この結果を元に

次のフリー走行への期待が持たれた一日でした。

では、そんな2回目のフリー走行における写真をご覧下さい!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 高知旅行撮影日記Vo7!

  2. 北海道クルーズトレイン THE ROYAL EXPRESS Vo2!

  3. またまた地上波テレビに出演しました【株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンの北海道での地方創生事業の取り組みについて口コミと評判のリアルな声】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP