網走流氷砕氷船『オーロラ号』のご紹介Vol5!

皆さん、こんにちは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日の北見市は朝から青空が広がっています。最高気温はマイナス1度、最低はマイナス

14度の予報で、まだまだ寒い日が続いています。しかしながら、空の色も雲の色も冬から

春の色に変化している様な気がします。来週からは最高気温がプラスになり、最低気温も

一桁台の予想が出ていますので、暖かい毎日を過ごせるかも知れませんね。さて、今回は

オーロラ号の話題をお送りしていますが、本日は昨年新たに建造された小型流氷観光船の

オーロラ3をご紹介します。このオーロラ3は昨年3月1日から運行を開始した19トンの

船になります。今までの大型船とは違い、流氷を砕いて進む事は出来ませんが、小型船の

持ち味を生かして、間近にある流氷を楽しめます。船体は豊かな自然と幸福をイメージし

エメラルドグリーンとオレンジが基調となっていて、白銀に輝く流氷と青空に映える様に

塗装されています。乗船したお客様は、流氷に手が届きそうなくらい近くて驚いたと話し

歓声を上げていました。また、オーロラ3は全長17m、横幅は5m、定員は夏季71名で、

冬季は24名です。船首部分は通常の2倍のアルミで覆い、強度を高めた作りの耐氷船と

言えるでしょう。また、大型船には無い24ノットの速度で沖合の流氷帯に辿り着く事が

出来ると同時に、大型船と比べてエンジン音や海面への振動が小さいので、動物達にも

容易に近づく事が出来ます。もしかしたら、流氷上で休んでいるオオワシやアザラシを

間近に見る事も出来るかも知れません。皆さんも、是非一度オーロラ3に乗船してみて

下さいね。では、流氷の中を進むオーロラ3をご覧下さい!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 北見市中央大通沿道地区再開発予定地!

  2. 2024年夏・街中に戻ってきたぼんぼん祭り4!

  3. アキオカマサコ In-store Live 最終回!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP