根室の風景&グルメ特集!

皆さん、こんにちは!

北海道北見市でカメラマンとして、日々撮影の仕事をしている亀井です。

今日の北見市は曇り空と青空が半々で、落ち着かない天気になっています。最高気温は

17度と低めで推移しています。明日以降は20度を超え暖かい日が続きそうな予報です。

さて、今回は根室の風景とグルメをご紹介したいと思います。

まず最初にご覧頂くのは、春国岱(しゅんくにたい)と言う砂丘です。根室半島北側の

付け根にあたる風蓮湖の南側から延びる砂州で、オホーツク海の海流によって運ばれた

砂が堆積して出来たと言われています。今から、約3000年から1500年前の期間に形成

されたと考えられています。長さは8km、最大幅は約1.3kmあり、3列に並んだ砂丘

構成されています。標高は3m未満で、砂丘砂丘の間に湿地があり、針葉樹が主体の

森林があります。また、名前の由来はアイヌ語の「スンクニタイ」(エゾマツ・林)に

由来します。対岸の国道44号にある道の駅、「スワン44ねむろ」から春国岱を見ると

水面に浮かぶ森の様に見え、砂丘のイメージとは異なる豊かな原生林が広がっています。

現在は遊歩道もあり観光地として定着しています。皆さんも、根室に行く機会があれば

是非お立ち寄り下さいね。では、春国岱の写真をご覧下さい!

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. インフィールドワイナリーさんのキャンドルイベントNo2!

  2. 2023年流氷サスティナブルツアー特集Vo3!

  3. はじめまして!色の翻訳家・市川いくえです。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP