昨年度の「コロナ特別対応型」の後継補助金、小規模事業者持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」の間口が、今年度は狭くなりました!

昨年度の小規模事業者持続化補助金は、

「一般型」と「コロナ特別対応型」の2種類での公募がありました。

その内、「コロナ特別対応型」は、新型コロナウイルス感染症対応のための経費が全体の1/6以上を占めていれば、

その他はコロナ対応以外の、例えば、単なる店舗の改装等の経費もに充てることができました。

昨年の「コロナ特別対応型」の後継補助金として、

今年度は「低感染リスク型ビジネス枠」が3月31日から公募が開始されました。

昨年度と比べて、一番大きく変わった点は、

補助対象となる経費の条件が

補助対象経費の全額が 対人接触機会の減少 に資する取組であること

に変更されたことであると思います。

これは、昨年認めらていたコロナ対応とは別の店舗の改修費等が、

今年度は、対人接触機会の減少のために行わう明確な根拠がなければ、経費として認められないことになったことを意味します。

よって、今年度は、間口が大きく狭まったことになります。

コロナ対応型の小規模事業者持続化補助金は一般型より

補助上限額、補助率が高いため、公募を待っていた事業者の方が多かったと思います。

しかし、今回の公募要項の発表により、事業計画をもう一度見直す必要があるようです。

昨年からコロナ感染対策のための補助金が追加され、
制度が複雑になっています。

新型コロナウイルス感染症に対する国の支援策の情報等を
公式LINEアカウントで定期的に配信しています。
最新の情報が必要とお考えの方は、是非下記から登録下さい。

https://lin.ee/2M6zgar

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  2. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  3. 1円もお金をかけず、自分の実働時間0分で、毎月120万PVを稼ぐWEBサイトを作ったノウハウその1

  1. 網走出張に備えてレッドブル新作のパープルを貰ったけど甘すぎて飲めない件

  2. 日本料理も終盤で美味し金目鯛の登場!

  3. 未来ファーム様インフィールドワイナリーでの、2020年産キャンベル・アーリーロゼの今月の販売日は3・4・17・18日です!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP