りんご園を壊滅に追い込む恐ろしい病気とは

春ですね。暖かくなり、雪が溶けて農作業が本格始動です。そして、りんごの木に潜んでいる病原菌も活動開始するんです。それはオホーツクのりんご栽培を壊滅に追い込んだ犯人です。フラン病という、りんごの木のガンと言われている病気です。樹皮が腐ったよう侵され、少しづつ拡がっていきます。侵された樹皮は養分を送ることが出来ません。枝が一周侵されると、そこから先は枯れてしまいます。幹の部分がやられると、その木自体が枯れてしまいます。

有効な治療方法は患部の切除(侵されている樹皮を取り除く)しかありません。しかし、病変部を見つけるだけでも熟練が必要ですし、治療作業には力を要するし、高いところにも病気があるし….。700本近くある木を全部見て回らないといけません、年老いたら厳しくなりますね。出来なくなった時が、果樹園を閉める時だな、と思いながら頑張ってます。作業の様子を動画で撮影してみましたよ。

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. オホーツク海を眺めながらミーティング

  2. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  3. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  1. 【無料募集】オホーツク地方でプライド持って仕事してるカッコいい社長へ

  2. 湧別町五鹿山公園の桜No3!

  3. 秋の味覚を収穫・どうやって食べようか!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP