F1特集第3弾からはレッドブルのマシン!

今日も寒い一日だった北見地方で、最高気温は4度までしか上がらない日となりました。

今月の20日ぐらいからは、最高気温が氷点下になる予想も出ているので、体調には気を

付けながらお過ごし下さいね。さて、今回はF1の特集をお送りしていますが、ここから

レッドブル・ホンダのマシンをご紹介して行きます。今年は、ホンダのラストイヤーで

ドライバーも力の入った走りを見せていますが、そもそも飲料メーカーとして財を成し

成長してきたレッドブルは、世界中の多くのスポーツ競技に積極支援を行う事で知られ

F1への関心と関与は比較的早い。かける予算も破格の金額で知られています。

ホンダとのコンビ1年目は、フェルスタッペンがオーストリア連覇で、9戦目にして

初勝利。だが、その時点でフェルスタッペンはホンダPUへの好評価を口にし、チームも

それに同調。ホンダとの契約を当初の2年から1年延長し、2020年には王座奪回へと

さらに同盟関係を強化して臨んだ。ホンダとタッグを組んで2年目となる2020年には

フェルスタッペンとアルボンのペアでタイトル獲得を目指してメルセデスに挑んだが、

アルボンの苦戦が目立ち、その後、セルジオ・ペレスにドライバーが交代し、2021年は

安定した走りを見せる様になった。しかし今年のレースも次戦で終了し、来期に向けて

新しいマシンのテストがスタートする時期になります。来年もホンダのPUを搭載して

走行するレッドブルと、アルファタウリのマシンに期待しましょう!

f:id:photo0321:20211119181758j:plain

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 網走南ヶ丘高校放送局全国大会連続出場&網走の人の繋がり♪

  2. 網走の焼肉海鮮炭よしは、焼き肉と海鮮が楽しめる良いお店です。

  3. こんにちは。網走の平賀貴幸の初投稿になります。

  1. 7月の最終週はオホーツクらしい風景が登場!

  2. 川瀬牧場さん「GYUGYU-TTO terrace」が、本日4月10日から今年度の営業をスタートします!

  3. 本年度の小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>は、昨年度の<コロナ特別対応型>の採択を受けている事業者は再度申請ができません!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP