流氷物語号2022 冬限定の観光列車!

今日も朝からオホーツクブルーの空で、気持ちの良い一日になりそうな北見地方です。

最高気温はマイナス3度、最低はマイナス13度と、平年並みの気温で推移しそうです。

さて、今回は冬のオホーツクを駆け抜ける流氷物語号を特集していますが、数々の問題を

抱えながら誕生した列車です。運行開始までJRも地元関係者も、利用客数の想像も付かず

スタートしました。運行は知床斜里駅を起点に2号、1号、4号、3号の順に運転されて

います。しかし、整備点検の都合上、夜に釧路の車両基地まで回送し、翌朝に知床斜里

まで戻す事が節約の条件となった為、やむを得ず知床斜里駅が起点となっています。

でも、この節約によっていくつかの問題も生じました。オホーツク沿岸の大きなホテルは

網走に集中しており、斜里駅にあるホテルは僅かでした。その為、この列車に乗れるのは

本当に少なく2両編成に10人程度と散々な状況が続きました。また、この観光列車で大事

なのは団体のツアー客ですが、その殆どは網走に宿泊するので、当時のダイヤでは朝一の

10時56分発は時間が遅すぎると言う理由でツアーには組み込み難いとの判断でした。

これによって、乗客数が伸び悩み、JRと地元関係者は頭を抱える事になります。まだまだ

問題山積の流氷物語号でしたが、この先どうなって行くのかは、また次回の記事でご紹介

させて頂きます。では、今日の1枚です!

f:id:photo0321:20220131125140j:plain

関連記事はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. オホーツク海を眺めながらミーティング

  2. 【例文あり】どうでもいいブログ報告なのに勝手に優良顧客だけがゴソッと集まる方法

  3. 東京出張中。49階高層オフィスにて次作出版の打ち合わせなう

  1. 秋の味覚を収穫し美味しく食べた!

  2. 地方だからこそ求人費用0円で若くて優秀な人材を集めるノウハウ

  3. 本日、5月2日より、Zoomの無料プランの場合も1:1で使う場合、40分の制限がかかるようになりました!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP